日常の気になる情報ブログ

日常の気になることをまとめています。

お金を稼ぐ前に信頼される人になろう

f:id:shinichistyle:20160306182035j:plain

お金をいっぱい稼ぎたいと思うのは、人として普通のことだと思う。お金があって悪いことはないですから。欲しいものも買えるし。

もちろん僕もお金はいっぱいあったほうがいいと思ってます。やっぱりお金が無いと生きていけいけないのは事実。

お金を稼ぐためには仕事をしないといけないわけですが、お金稼ぎのことだけ考えて仕事するのは間違ってる。お金を稼ごうとするがゆえに自分を窮屈に、そして信頼を下げている人たちがどれだけいることか。

信頼される人になればお金は自然と入ってくる

信頼関係を構築していくことこそが仕事を、収入を、増やすことになる

商売とはお客様あってのもの

もしあなたがセールスマンだったとしよう。セールスする商品は肌をきれいにする美容液とする。セールスして成約を取れば取るほどあなたの給料はアップする。

つまり美容液をいっぱい売れば売るほど給料も多くなるということだ。

そうなればちょっとでも多く売って給料をいっぱいもらおうと考える人が大半だと思う。

しかしそれではいけない

そういう考えをする人は大体自分のことしか考えず売り込むことしかしない。

そうじゃなくてまずはお客さんのことを考える必要がある。お客さんが美容液を必要としているかどうかだ。必要としていないのに売り込んではいけない。まずは売る売らない関係なしにお客さんと会話することが大切だ。そこから相手の情報をキャッチして行って必要としていると判断すれば売り込めばいい。その間に信頼関係も構築できる。

必要としていないお客さんに売り込むような愚かな行為はしてはいけない。

自分の信頼をなくすだけだ。その人とは二度と取引できないだろう。

 

仕事は人のためにする

仕事は自分のことだけ考えてするものじゃない。常に仕事仲間に対する気遣い、思いやりの心が大切だ。

仲間のことを考えて行動するだけであなたの信頼度は上がり、様々な仕事もさせてもらえるようになるだろう。

例を挙げて言っておくなら、

仕事で必要なものは自分のものだけじゃなくてみんなの分も用意しておく

上司に手伝って欲しいと言われたら手伝う

などだ。

こういうちょっとしたことが信頼に繋がっていく。

これ以外にも数え切れないほどの信頼関係を構築できるタイミングは存在するだろう。

 

より多くのお金を生み出すためにはお金を稼ごうとしないこと

何をするにしても信頼されるということを軸にして動いていけばあなたにの元には多くの人が集まり、

あなたから商品を買いたい人、

あなただから仕事を依頼したい人たち

でいっぱいになるだろう。

これは仕事に限ったことではない。日常生活でも同じことが言える。

まずは自分主体ではなく、相手主体で生きてみてはどうだろうか?