日常の気になる情報ブログ

日常の気になることをまとめています。

大量のアクセスは自分の価値を下げる。ブログを集客ではなく伝えるために使う方法

意味のないアクセスは必要ない

f:id:shinichistyle:20160319153912j:plain

ブログを開設するとたくさんのアクセスを集めたいと思うだろう。そうした流れでブログ運営方法やアクセスアップ方法の情報を収集していくことになると思う。

しかしアクセスを集めてどうするの?

と、僕は思う。

もちろんアドセンスなどで収益を上げたい人はそれでいいと思う。だが売る商品を自分で持ってる場合、大量のアクセス獲得は自分の価値を下げることになる。

なぜならあなたに興味のないユーザーまでブログに訪れてくるからだ。そこで低価格の商品をセールスすれば売れてお金は稼げるかもしれない。けどそれでは自分を安物としてはけ売りすることになる。

大切なのは価格は下げずに自分が提供する商品だから買いたいとユーザーに思わせることだ。さらにわかりやすく掘り下げて言うと、

今までのセールスはただ商品を売るだけだった。

けど、

僕が思う究極のセールスは商品プラス自分にしか提供できないものを一緒に提供することだ。

例えばあなたが化粧品を売るとする。

普通なら接客して商品を売るだけで終わる。

そこに自分はこの化粧品をこのようにして使ってますみたいな情報提供や、あなたの化粧品に対する熱意を提供すればいい。それは商品を仕入れるときはしっかりと成分をリサーチしたり、本当にいいものだけを仕入れるようにしているということなどだ。仕入れた商品はお客さんのことを考えてこういう風に管理して、1個1個大切にしてますとかもそうだろう。

つまりは人間を出していくということだ。

それは美に対する考えだったり、普段の仕事に対する思い、自分が思う化粧品の素晴らしさなどだ。それをブログで伝えればいいのだ。

わかりやすく言えば一見さんお断りのお店をイメージしてもらえればいい。

本当に価値のわかる人だけを顧客にして大切にするということだ。

ということで僕が理想とするブログを絡めた集客から販売までの戦略を紹介する。

価値のあるアクセスを集めよう!

100アクセスよりも1人の顧客を

ブログは集客するものではなく伝えるもの

巷ではよく検索キーワード対策をして記事を書いて、検索エンジンからのアクセス流入が大切だというものをよく目にする。

けど僕はそんなもの必要ないと思ってる。(収益源がアドセンスの方はそうしてください)ブログへのアクセス流入はリアルのつながりからだけでいい。

リアルのつながりとは、お店を持っている場合は来客したお客さんのことだ。そこで名刺とお店のブログを紹介すればいい。

店舗を持たずフリーランスでwebデザイナーなどをしている人は異業種交流会などに赴いて名刺とブログの紹介をすればいいだろう。

あとはSNSも使えるだろう。広告も価値を落とさないキャッチコピーを使って集客すればいいだろう。

そこまでやったらブログで「伝えること」ができるようになる。

つまりブログは集客するための手段ではなく伝えるための手段ということだ。

 

ブログでは何を伝えるか?

ブログでは自分の商品や仕事に対する熱意、自分の考えを伝えればいいだろう。

愛するものを愛を持って語ればいいわけだ。

ラーメン屋だったらラーメンに対する情熱を語れるだろうし、

webデザイナーだったらwebデザインでこうしたい、こうできるっていうのを語ればいい。

仕事に対する取り組む姿勢なども伝えるといいだろう。

 

あとは売るのか伝えるのか

ここまで来るとあとは売るのか伝えるのかということになる。店舗を持っている場合はお客さんから自然と来てくれるだろうし、そうでない場合はネットでセールスすれば売れるだろう。煩わしいセールストークなどせずとも売れるはずだ。

売らない場合は伝え続ければいい。

 

補足 さらに価値あるユーザーを獲得する方法

上記の方法にプラスしてさらに価値ある顧客を獲得する方法を。

それはメルマガや手紙の配信をすることだ。

ブログに登録フォームを乗せておけばいいだろう。

こうすればさらに価値ある顧客を集められる。配信する内容は「伝える」ことは変えずさらに深い内容にすればいい。

決して良くある割引などのために使ってはいけない。

ちなみに僕だったら直筆の手紙を書いて送る。まあ、手間はかかるけどそれだけお客さんを大切にしたいってこと。

 

意味のないアクセスは安物のはけ売りを生むだけ

僕は商売で大切なのはいかに価値を提供できるかだと思ってる。金稼ぎのために低価格にして大量に商品を売るようなことはしたくない。

なぜならそれは安物のはけ売りになるからだ。

また自分自身の価値も下げてしまうことになる。

自分にしか伝えらないことを伝えて価値を増大させて商品を提供したい。

だからブログは集客するためじゃなくて伝えるために使う。

スポンサードリンク