日常の気になる情報ブログ

日常の気になることをまとめています。

成り上がりジャポンにやらせ疑惑?最終選考結果と井戸社長の言葉が深い

年収1800万円を目指す成り上がりプロジェクト「成り上がりジャポン」

f:id:shinichistyle:20160326104232j:plain

有吉ジャポンで現在大人気を博している企画がある。それが

「成り上がりジャポン」

だ。

年収200万円以下の下流社会で暮らす人たちが年収1800万円の夢のオーナー店長を目指すというものだ。企画の第一弾は井戸実社長が一人だけに3000万円を投資してオーナー店長を探すというものだ。もちろん1人も選ばれないということもある。

最初は7人ほどだった応募者もどんどん減っていきついに候補者は2人になった。そして最終選考の結果が今日放映されていたのでここでまとめようと思う。ネタバレも含むのでご了承願いたい。

あと巷ではやらせ疑惑についても噂されているのでその真相についてもまとめる。

成り上がりジャポン。夢のオーナー店長に選ばれたのは?

やらせ疑惑と最終選考に迫る

スポンサードリンク
 

最終選考に残った二人の候補者について

最終選考に残ったのは新宿歌舞伎町の下っ端ホスト窪田翼さんと板橋区町田の3坪バーの雇われ店長柴田達規さんだ。

窪田さんは最初の選考の時にマスクをつけてきたり、その後も酒を飲みすぎて喧嘩をして顔を腫れさせてくるなどいろいろと問題が多い方でもある。

けど僕としては企画が進んでいくうちに目つきだったり、顔つき、そして企画に対する姿勢がどんどんよくなっていって感心した。で、すごい優しい方で一緒にいて楽しそうな方で僕はすっかり窪田ワールドの魅力に引き込まれました。危うさも兼ね備えてるけど彼を応援したくなったね。

あと井戸社長からもらった5万円競馬に使ったのも見てる側は楽しかった(笑)

対するバー店長柴田達規さん。

彼はしっかりしてる方で見てる分には窪田さん的な楽しさはないけど、一緒にお酒飲んだら楽しいだろうなあって思った。現場の研修ではお酒作るのが早かったが接客は大学生のバイトと同じという評価だった。

ちなみに5万円の使い道は4万円のウイスキーと1万円分のおつまみを買って友人と楽しんでた。これが意外にも井戸社長からの高評価を得た。

最終選考の前の選考がヤバイ

実は最終選考の前の選考は3人の候補者がいた。そこから一人、役者志望の木下知樹さんが落ちたわけだが・・・。

その選考方法が

候補者3人で話し合って一人脱落者を決めるというものだった。井戸社長もなかなかやるよねっていう。

理由は経営者になって必要なのは人を見る目で時には非情になって部下やスタッフのクビを切らなきゃいけないから。

厳しいですね。

井戸社長は「経営者になると今後こういう選択ばかりになってくると思う」とおっしゃっていた。

とはいえ井戸社長がお気に入りだった大道芸人立川さんは早々と脱落していったけど。

最終選考の結果

さあ、気になる最終選考の結果だが合格したのは・・・

バー店長柴田達規さんでした。

う〜ん、僕としては窪田さんが良かった。やっぱり接客が最高だったし窪田さんがお店やったら楽しそう。

で、井戸社長が柴田さんを選んだ理由について。

井戸社長は最終選考の方法を職場で面接という方法にしました。事前連絡なしで。

そこで井戸社長は各々に

「リスク取れる?」

「もしうまくいかなかったらどうする?」

「覚悟はできてるの?」

「貧乏生活はできる?」

など今までとは明らかに違う厳しい表情で質問をされた。

その時に柴田さんはずっと目を合わせて受け答えしていたが、窪田さんはここっていう時にお酒を作って目をそらしたから、ここが選考の分かれ目になったとのことだった。

あと柴田さんは人間的に未完成な部分があってこれから直していけるけど、窪田さんはもう人間として出来上がってる部分があってこれを直すのは無理だということだ。

あとホストをされてるので成り上がれる可能性はあるからっていうのも今回の落選に影響したようです。

ところでやらせ疑惑は?

多分これは完全なるデマというか勝手な思い込みだと思われる。放送内容を見ていてもやらせらしい演出もないし、みんながリアルに企画に参加してたと思われます。一人一人の姿見ててもやらせとは思えないよね。社長側も全員を落とせる権限も持ってるから実質ノーリスクで人選できるし。

あとMCが有吉っていうところにもガチ感がすごいある(笑)

最後に井戸社長の深い言葉を

合格発表後柴田さんは井戸社長が初めてお店を出した一号店に呼ばれた。そこで柴田さんが席で待っていると後ろから井戸社長自ら焼いたステーキを持って登場。

そのステーキを食べながら井戸社長が、

「これだけ守れば失敗しないことがあるんだけど守れる?」

と井戸社長が柴田さんに聞くと柴田さんは、「はい」と答えます。

すると井戸社長は

「あきらめないこと」

いい言葉すぎる!言葉が深いよね。

 

窪田さんのその後についても

窪田さんはホストを続けるとのこと。現在も下っ端ホストのままみたいですが、指名が月に1〜2本から4〜5本入るようになったとのこと。収入に徐々に上がってきたみたいだ。

良かった。

そして窪田さんはこの経験を生かすとおっしゃっていたが、その時の表情が本当にいい表情だった。だから必ず成功する日は来ると思う。