日常の気になる情報ブログ

日常の気になることをまとめています。

成り上がりジャポンの赤迫重之さんが見た目とは裏腹に優しい件

成り上がりプロジェクト第2弾が始まりましたね!

f:id:shinichistyle:20160329173642j:plain

4月1日からいよいよ有吉ジャポンで成り上がりプロジェクト第2弾が放送開始されます。成り上がり豚骨将軍の異名で番組内で紹介されているラーメン屋無鉄砲の店主赤迫重之さん。無鉄砲のラーメンはドロドロとした豚骨スープが特徴です。

f:id:shinichistyle:20160306214959j:plain

上の画像は無鉄砲系のラーメンです。

井戸実プロジェクトの時から番組に宇田川カフェの大谷秀政社長と出演されてます。ちなみに第一弾はバー店長の柴田達規さんが合格されました。その第一弾の時から番組内で井戸社長と大谷社長と赤迫社長は苦楽を共にしながら見守ってきました。

そんな赤迫社長なんですが見た目はすごい強面なんです。けど番組に出演してる赤迫社長見てるとすごい優しい方なんですよね。よく笑われますし(笑)

ということで成り上がりプロジェクト第2弾も始まるので赤迫重之社長をテーマにして今回は記事書きます。

スポンサードリンク
 

見た目とは対照的に優しい赤迫重之社長

 情深い人。それが赤迫社長

意外に笑ってくれる赤迫社長

明らかに見た目からしてバラエティ番組とか嫌いそうですよね。でも番組内ではよく笑ってる姿を目にして一安心しました。口調もすごく優しくて見た目と全然ちゃいますね。僕の第一印象は頑固なイメージしかなかったんでそのギャップで赤迫社長のファンになってしまいました(笑)

意外に競馬はしない赤迫社長

これはプロジェクト第一弾の時に井戸社長が候補者3人に5万円を自由に使ってと言って渡した時のことでした。この時柴田さんは4万円のお酒と1万円のおつまみを購入。木下さんは起業のハウツー本とお店のイメージを膨らませるための肉の本を2000円分購入して残りは貯金に回しました。

そして窪田さんは貰った5万円を倍にして返せたら面白いかな?と競馬に突っ込みました(笑)

これを3人の社長が見られて赤迫社長は柴田さんの使い方が1番いいかなとおっしゃりました。理由は自分が5万円貰ったら勉強のためにラーメンの食べ歩きをするからそこと通じる部分があるからということでした。

すると競馬はどうですか?と聞かれ、

「えっ!競馬?全く興味ない!」とバッサリ。

見た感じめっちゃやってそうですけどね。ノブコブの吉村さんもこういう人競馬場にいますよ!と突っ込まれてました(笑)

人って見た目とは全然違うんですね!

番組内では優しさが垣間見える

赤迫社長は来た人はとりあえず受け入れるとおっしゃってました。大道芸人立川さんが研修をバックれて謝りに来た時も井戸社長は落とされましたが、赤迫社長だったら戻ってきたらもう一回だけチャンスを与えるということ。

ここら辺に赤迫社長の人情深さが出てますね。見た目が見た目なんでちょっと意外です。逃げ出したりなんかしたら何するかわからなさそうですからね(笑)僕は逃げたらそいつを探してそのまま殴り飛ばすんじゃないかなって思ってました。

けど仕事の時は厳しい

実は他の番組で赤迫社長が弟子をとって教育される映像を見たことがあるんです。やっぱりその時は笑顔なしできっちりと弟子を教育されてましたね。すごく厳しく指導されていていました。やっぱり仕事に対して妥協を許さない姿がそこにありました。

やっぱりプロだなって思いましたね。

オンオフの切り替えができる方で普段はすごく優しい方なんだと思います。けど僕の経験上普段優しい人は怒ると怖い人しかいないっていう。

けどすごく情熱的な人ですよね。

プロジェクト第2弾に応募した方は是非頑張っていただきたいです。