日常の気になる情報ブログ

日常の気になることをまとめています。

元馬乗りの僕が実践していた危なすぎるダイエット方法

実は競馬の仕事をしていたのでダイエットのプロです

 

f:id:shinichistyle:20160404202554j:plain

僕はかつて競馬の仕事をしていて馬に乗らないといけなかったので、日々体重管理との戦いでした。常に体重に気を配り過ごしていたためダイエット(減量)の方法はマスターしています。

ですのでここでは僕が実践していたダイエットの方法を記したいと思います。

しかし僕の方法は危険を伴う方法です。

僕はこのダイエットで1日で最高2キロの体重を落としたことがあります。

スポンサードリンク
 

元馬乗りの僕が実践してきたダイエット方法

当たり前のことを大切にすれば体重は落とせる 

僕が体重を落とすためにしていたこと

ここでは僕がダイエットするに当たって、気をつけていたことや実践していたことをまとめます。

1、汗をかいて運動をすること

これは基本中の基本です。やはり体重を落とすためには運動をして汗を掻くことが大切です。

2、頻繁に体重計に乗る

僕は常に今の体重が何キロなのかを把握して過ごしていました。これによって運動量、食事の摂取量を調整していました。

3、徹底した食事制限

とりあえず食べ過ぎは禁物です。せっかく落とした体重がすぐに元に戻ってしまうので徹底しましょう。

4、0.1キロの減量でも大切にする

結果的に0.1キロの積み重ねが2キロ、3キロの減量につながっていくのです。

では次に僕が上記のことを守りながらどのように過ごしていたのか書いていきます。

とりあえず汗を掻く

僕は競馬の仕事をしていたのでスキルアップのための乗馬の時間がありました。僕はこれを利用して汗をかいて運動していました。そして仕事中も馬に乗るので減量のチャンスでした。

乗馬って意外にハードワークで寒い中乗っていても、着込んでいれば結構な量の汗をかきます。僕はこの乗馬の時間を利用して短時間に1〜2キロの減量に成功していました。

あとはウォーキングもしてました。時間は4時間から7時間くらいです。これで0.6キロ〜0.9キロくらい落とすことができていました。

上記のように結局ハードな運動が必要なのかよ!と思った方もがいると思います。

実は動かなくても汗を掻く方法があります。

サウナ

です。ハードな運動がきついという方はこの方法でも大丈夫でしょう。しかし最終的にはしっかりとした運動も必要になってきます。

あとは浴槽にお湯をためてずっと追焚きにした状態で1時間浸かったりもしてました。これは本当にしんどくて終わったあと気分を悪くするときもありました。

水分補給は少量

上記のように運動していたわけですが、その途中僕はほとんど水分補給していませんでした(笑)

理由は

水分補給は体重が増えやすいから。

実は水分ってすごく重くて油断して飲みすぎると一気に体重が増えます。この増えた体重を落とすのは大変なんです。ですから僕は最低限の水分しか補給しませんでした。倒れそうな時もありました。

朝食は食べない

僕は朝食を摂ってませんでした。すべては体重を落とすためです。この状態で乗馬をしていました。ちなみに馬に乗ってる時間は4時間くらいです。

頻繁に体重計に乗る

1日に数え切れないくらい体重計に乗ってました。

朝起きた時。

運動する前と運動が終わった後。

トイレに行く前と行った後。

食事をする前とした後。

水分を摂る前と摂った後。

お風呂に入る前と入った後。

寝る前。

とりあえず体重には常に敏感になってました。これはダイエットをする際徹底したほうがいいです。そしてこうすることにより、どれくらいの運動をしたらどれくらいの体重が減るか?どれくらいの量の食事をしたらどれくらい体重が増えるか?がわかるようになってくるんです。

カロリーは気にしない

僕は食事をする際カロリーは気にしてませんでした。その時その時の体重を重視してたからです。それにそんなに食事は摂らないので高カロリーのものを食べても影響はありませんでした。体重を落とすためにそんなカロリーも気にならなくなるくらいのハードな運動と汗をかいていましたし。

あとは気持ちの問題

やっぱり強い気持ちを持たないと途中で挫折しますよね。僕は絶対的なハートを持ってダイエットに取り組んでました。上記の運動量をこなしながら1日1食で過ごしていた時もあるくらいです。

あと最後にもう一回言いますがこれだけやると危ないので、大切だと思ったところは真似していただいて、運動量や食事量、水分補給は自分に合わせてやっていただければと思います。

体重計に乗ることに関しては必要以上にやってください。

広告を非表示にする