日常の気になる情報ブログ

日常の気になることをまとめています。

馬券はどの種類で買うのが一番いいのか?

大きく狙いたいところだけど・・・。

f:id:shinichistyle:20160424234816j:plain

馬券を買うときに迷うのがどの種類にするのか?ということですね。

三連単にしたら買い目が多くなるし、馬単にしたら配当低くなるし・・・というのはよくあることです。

ということで今回は馬券はどの種類で買うのが一番いいのか?ということを書いていきます。

スポンサードリンク
 

馬券の種類と買い方

効率よく賢く買う方法

馬券の種類と配当について

馬券には8種類あります。

複勝

単勝

枠連

ワイド

馬連

馬単

三連複

三連単

上記の8種類で上の複勝が一番当たりやすくて、下にいくにつれて的中させるのが難しくなってきます。

そして配当は複勝が一番低くて、三連単が一番高いです。三連単は何百万円っていう払い戻しもあったりで一攫千金を狙える馬券になってます。

複勝は100円で買って110円とか130円くらいにしかならない馬券です。その代わり当てやすくなってます。

買うべきは馬単

僕は今までの競馬予想の経験から馬単が一番いいと思ってます。

理由は1着に人気馬が入っても2着に穴馬が入れば万馬券を狙えるから。

そして単勝より当てにくく、三連単より当てやすいっていうところが肝です。

単勝は結構当てやすいんですよ。けど配当が低いっていう。穴馬を買っても2着止まりっていうことも多々あります。その問題をカバーしてくれるのが馬単です。

逆に三連単はなかなか当たらない。というかほとんど当たらない。たとえ獲ったとしてもトータルで見たら負けてるっていう。

そのほとんど当たらない問題を解決してくれるのが馬単です。

馬単の買い方

僕は1頭だけ本命を打って、あとは何頭かで流して買います。本命馬は1着固定で買ってます。裏表にしたら買い目が増えるんで。できるだけシンプルに。

流す馬は基本的に1〜10番人気の馬ですね。僕の経験から言うと11番人気以降の馬ってほとんど入ってこない。そういう時こそ一攫千金が狙えるんですが、そこは気にせずにいきましょう。

で、忘れちゃいけないのが、

外れるのが馬券。

だからシンプルな買い目でいくんです。そして当てようとしないこと。そこに重きを置くと予想がどんどん迷宮入りしていくんで、来たらラッキー程度の感覚で予想しましょう。

そして本命は人気、穴馬関係なくがっつりと勝てる可能性のある馬を選びましょう。そして1着になれる根拠をしっかりと持って選ぶことです。流す馬も根拠を持って入着できそうな馬を選びましょう。

1点にがっつりと賭ける

上記のように予想して買い目が10点になったとしましょう。

そしたら1点いくらで買えばいいか?

1点千円〜1万円くらい行っときましょう。上手くいけば何十万円っていう配当狙えるんで。その分リスクも高いですが。ここら辺は自分のお財布と相談しましょう。

僕は1点千円で買ってます。よっぽど自信があるときは1万円行ってます。買うときの緊張ハンパないですけど(笑)

安定的に行きたいなら1点500円もありだと思います。

広告を非表示にする